自動車保険の17社一括見積もり
自動車保険を比較 そんぽ24
矢印
あなたの車のメーカーは?
自動車保険会社

免許所・自動車保険証券をご用意して頂くと、入力がスムーズです。

車保険

自動車保険の自由化以降、それぞれの保険会社が独自の商品や特約を開発して、活発に独自の宣伝を行っています。その反面、情報があまりにも多すぎてどこの会社のどんな保険を選べばよいのか、決めかねている人もいると思います。

また、最近の自動車保険はさまざまな商品がすでにセットされた状態で販売されているため、わかりにくくなっています。すべてのリスクをカバーしてくれるのなら、それはそれでいいのですが、本当に必要な補償を充実させて保険料の無駄は省きたいと考えている人は、ここで「自動車保険」の上手なかけ方について考えるべきです。

そもそも自動車保険とは、事故による「損害賠償」という状況を想定して、被害者救済が滞らないように(加害者が金銭的リスクを回避できるように)生まれた保険です。万が一、交通事故を起こして他人の生命や財物に損害を与えてしまった場合には、加害ドライバーはそれを償います。もし、死亡事故を起こして、遺族から1億円の損害賠償を請求されたら、自賠責保険のオーバー分である7000万円を自分で支払わくなてはなりません。

また、自分の過失で高級車に衝突し、数百万円という損害賠償を請求されたら、こちらも支払わなくてはならないのです。こうしたときにカバーしてくれるのが、任意の「対人賠償保険」と「対物賠償保険」というわけです。自動車保険をかけるときは、まずこの2つの賠償保険を最優先で充実させることを念頭に置くのが上手なかけ方のポイントです。

その一方、搭乗者保険や人身傷害保険などは賠償保険ではなく、「傷害保険」に分類される種目になっています。最近の自動車保険は、契約者自身に対する補償を厚くする傾向が強いのですが、見積もりを取るときは

1.まず他人に対する賠償保険を充実させる。

2.その次に自分のために必要な保険や特約をチェックしながらその保険金額を決め、組み合わすのが上手なかけ方です。

車保険は安くなる

自動車保険には、安くなる9つのポイントがあります。

「年齢」「事故歴」「運転歴」「使用目的」「走行距離」「車種」
「安全装置」「所有台数」「地域」。

これらはリスク要因と呼ばれるものですが
保険会社によって、その区分けはさまざまです。

これらの「安くなるポイント」を押さえて
あなたにとって、一番安い自動車保険を見つけられるのが
「保険スクエアbang!」

そんぽ24
矢印
あなたの車のメーカーは?
自動車保険会社
昨年車 保険を数年ぶりに見直してみた。最近は自由化によりだいぶ安くて安心の自動車保険の商品がありビックリした。特に任意保険の差別化が進んでおり各損保会社も独自商品を出すなどして工夫しています。今までホント高い車両保険に加入していたので見直してよかったです。ネットの普及が進み一括見積もりでかんたんに比較できるから便利です。無料ですし17社もありますから。そんぽ24の口コミと評判も気になります。
Copyright (C) 車保険ランキング. All Rights Reserved.